種類や特徴を理解して、うつ病に関して詳しくなろう

ほんの少しの勇気が、あなたを変える

新型がある

うつ病にも種類がある

うつ病と一口にいっても、症状の現れ方と特徴によっていくつかの種類があるのをご存知でしょうか。一般的にうつ病は慢性的にやる気がなくなり、極端に食欲や睡眠の質が低下するものというイメージがあるかもしれませんが、中にはそれ以外のうつ病もあるのです。 それは最近特に話題になっているもので、新型うつとも呼ばれているうつ病です。この新型うつは一般的に知られているうつ病と同じような症状が現れるのですが、その時間、場所がある程度限られているということが最大の特徴です。例えば仕事先や大がかりなプロジェクトに参加した時だけ、緊張する場面に遭遇した時だけといったように、より緊張感のある、プレッシャーのかかる場面に遭遇した時だけに症状が現れるケースが多いようです。

周りからの誤解とその対処方法

新型うつは、うつの種類の中でも比較的周りの人間に誤記されやすいものです。本人は本当につらいと思っているのですが、周りからするとただ怠けているだけ、意識が足りないだけだと受け取られてしまうのです。 こうしたうつの種類だった場合、できるだけ早急に治療を開始することも大切ですが、それよりもまず周りの理解を得ることも大切になってきます。 自分はうつ病であること、さらには一般的に知られているうつ病とは種類が違って、症状が現れるタイミングが違うのだということも併せて説明していくといいでしょう。職場によってはその症状によってある程度の配慮がなされることもありますし、場合によっては比較的責任の少ない部署への移動が可能になるかもしれません。

うつ病の治療にかかる料金

種類や症状にも寄ると思いますが、うつ病の治療は、1ヶ月に数回通院したとすると、1万円から二2万円くらいの医療費が掛かります。しかし、うつ病は保険が適用される病気なので、実際に支払う金額は、その3割で済みます。この病気は定期的に通院を繰り返して、根気よく治していくものですので、1年近く通うと治療費が数万円になってしまいます。ですが、うつ病などの精神疾患の通院治療費を軽減できる、自立支援医療という制度がありますので、もっと少額で治療を受けることが可能です。日本は精神病になってしまった方への措置や対応が、とてもしっかり出来ていると思います。うつ病らしき症状が出てしまったら、治療費は気にせず、医師の診断を受けた方が良いと思います。

種類と特徴を知っておく

うつ病は、精神面に表れる症状と身体に表れる症状があります。その中にも種類は沢山あり、精神的なものでは、やる気が出ない、頭が回らない、マイナス感情が強くなり喜怒哀楽が激しいなどといった症状があります。身体的なものですと、眠りが悪い、常に体の一部が痛い、耳や目が悪くなるなど、日常生活に支障をきたし兼ねない症状が出ます。うつ病は自覚症状がない人が多く、種類も様々なので、まずは医師の診断を受けることが必要です。そして、カウンセリングや普段の生活で思ったことははっきり伝えて、溜め込まないようにしていくと、徐々にイライラや考え込んでしまう回数が減ってきます。どのような種類の症状があり、自分に合った対処法は何かを知る事で、生活への意欲が湧いてくると思います。

ピックアップ