種類や特徴を理解して、うつ病に関して詳しくなろう

ハート

病院を探そう

うつ病といっても色々な種類があります

うつ病は現代人の10人にうち2、3人はそれに該当する症状を患っているといわれている現在では、決して自分とは無関係だと考えないほうが賢明だといえます。 そして最近までは何の問題もない健常者だった人でも一つ間違えば症状を患ってしまうことがあるため注意が必要です。 一言でうつ病と括られがちですが、うつ病にも種類があります。 細かく分けたら種類は多々ありますが、大まかに三つのタイプに分けることができます。 まずは双極性うつ病です、これは初めてうつ病を患った方が精神科で診断されやすい病ですので実際に精神科に赴いた際にはこの病名が告げられるかもしれません。 そして大うつ病です。 これはうつ病の代表格的な気分障害の代表格のようなものですね。 最後に気分変調症です。 これは将来的に大うつ病に発展する可能性があります。

お世話になる心療内科は慎重に選びましょう

うつ病の種類は色々あり、大まかに三つの種類に分かれます。そのどれもが感情に大きな悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。 もし何らかの種類に該当する病を発症してしまった場合は、当然ながら日常生活を送る上で障害になってしまう可能性があるため早期に心療内科に足を運ぶことが大切です。 心療内科も当然病院ですので相応の費用を払うことになりますが、美容外科の世話になるのと違って保険を適応することができますので、費用を3割負担で済ますことができます。 実際に病名を告げられるほどの深刻なうつを抱えていた場合は、引き続き薬を処方してもらうことになるため長い付き合いになる場合が多いです。 うつ病は長い付き合いになる病気なのでお世話になる心療内科は慎重に選びましょう。