種類や特徴を理解して、うつ病に関して詳しくなろう

ハート

制度について

便利な制度があります

うつ病を患っていると、病院に通いながらの治療に長期間かかることが多いです。 その間は、処方してもらったお薬を服用しながら少しずつ症状を和らげていき、完治を目指します。 うつ病の治療はカウンセリングを中心に行うので、普通の病気での診察よりも診察料が高額となる場合もありますし、服用するお薬はその人の病状によって量も種類も異なります。 そうなると、費用面でも心配になります。 ですが、うつ病の人のための「自立支援医療制度」というものがあります。 意外とこの制度をご存知ではない人が多いですが、うつ病の人のためにはとても頼れる制度です。 例えば3割負担で診察代やお薬代を支払っている人でも、この制度を受ければ1割負担の支払いだけで良いのです。 医師から診断書を作成してもらい、保健所で手続きをするだけで受けられますので、ぜひご活用下さい。

うつ病のお薬の種類と価格について

うつ病の診察料は個人差もありますが、1回につき約3,000円程かかります。 また、処方されるお薬には様々な種類があり、うつ病の種類によって使われるお薬も違います。 不安を和らげるお薬や眠れるようにするお薬など、患者の症状によって医師がお薬の種類を選んで処方するのです。 こういったお薬は、低額なものから高額なものまで薬価も様々です。 ですから、お薬代が1ヶ月に1,000円程の人もいれば5,000円程もかかる人もいます。 更に、うつ病の治療薬に使用されるお薬のことを「抗うつ剤」といいますが、こういった抗うつ剤はジェネリック薬品があまり存在していないため、お薬代を安くすることが困難なのです。 だからこそ、自立支援医療制度を利用して頂きたいです。 せっかくうつ病を治すために治療をしていても、その治療への心配や不安があってはなかなか症状も良くなっていきませんので、自立支援医療制度があることを知って頂き、そして活用して頂くことで安心して病気を治すことに専念できるのです。